歯の汚れを取る 歯磨き粉

歯の汚れを取る歯磨き粉!最強はどれ?|2017年度版

歯の汚れを取る,歯磨き粉

歯の汚れって気にりますよね?

 

歯の汚れといえば、ステイン着色や、ヤニ、歯垢など色々とありますが、このサイトではそういった歯の汚れを落とせるおすすめの歯磨き粉をご紹介します。

 

下記のような悩みがある方は特に参考にしていただけたら幸いです。

 

  • コーヒー・ワイン・チョコレート等着色汚れが気になる方
  • タバコを吸う方
  • 接客業等人と接する仕事で、歯の汚れや黄ばみが気になる方
  • 虫歯や口臭を予防したいとお考えの方
  • 甘いものが好きで、歯垢が溜まりやすいとお考えの方

 

特にこのサイトでは、歯を白くしたい方に向けてのホワイトニング歯磨き粉をおすすめしていますので、上記のような方でついでに歯を白くしたいという方は参考になると思います。
.

歯の汚れを取りに効果の高い歯磨き粉おすすめランキング!【2017最新】

 

歯の汚れを取る,歯磨き粉

 

ネージュの特徴

 

★ステインやヤニの除去能力が最強!
★当然研磨剤・発泡剤など不使用!
★虫歯予防や口臭予防も可能!
★ミント味で毎回使っても飽きの来ない味!
★@cosme『歯磨き粉部門』1位獲得!
★初回限定2980円!

 

歯の汚れを取る,歯磨き粉
歯の汚れを内側から剥がして落とす歯磨き粉!

 

研磨剤不使用で歯に無駄な傷をつけずに着色汚れなどを除去できるのでおすすめ!

 

市販のものと比べると高く感じるが、ホワイトニング能力と研磨剤の無添加は最強!

 

芸能人やモデルさんも多く使用していておすすめ!

 

着色汚れ・ステイン・ヤニなどに悩む方には一番おすすめの歯磨き粉です!

 

 

インスタでモデルさんが使っているので購入してみました。

 

最初は効果があまりわからなかったのですが、1か月ほど経ってからよくよく見てみると明らかに白くなっていました。

 

白くなると言っても、使た瞬間に白くなることもないので気づきづらいのですが、1か月以上経ってから比較するとかなり白くなっています!

 

使用感はほとんど泡立たないし、ミントなどのスッとした感じも少ないので磨けている感じはしないのですが、使った後はしっかりとツルツルになっています。

 

逆に普段から使っている歯磨き粉だと、飲み物の味が変わってしまいますし、研磨剤が歯を気づつけていると知ってから使っていません。

 

爽快感というよりは、歯をきれいに保ちたい方なら是非使ってみてほしいですね。

 

31歳 事務職


評価 歯の汚れを取る,歯磨き粉
ホワイトニング成分 ケイ素・圧縮酸素
その他の補助成分 ダマスクバラ花水・シリカ・ヒドロキシアパタイト・炭酸Ca・カルポマー
定価 6000円(税別)
お試し価格 初回限定2980円(税別)
定期購入価格 4980円(税別)
継続条件 初回を含む3回継続必要
1日当たり価格 121円(3か月90日間使用の場合)

 

 

歯の汚れを取る,歯磨き粉

↑詳細とお申し込みはこちら↑

 

 

 

 

歯の汚れを取る,歯磨き粉

 

LillyWhite(リリーホワイト)の特徴

 

★歯の汚れに着目した成分を使用で効果もも高い!
★研磨剤発泡剤不使用!
★歯周病や歯肉炎の予防効果が高くおすすめ!
★さわやかスペアミント味で後味すっきり!
★一日当たりの価格は115円!
★1本あたり3980円で1回から解約可能

 

歯の汚れを取る,歯磨き粉
定期縛りも無く安心して使える!

 

虫歯や口臭予防に効果が高く、汚れの再付着に関しても効果大!

 

使用感もさわやかなスペアミント味、歯磨き後も食べ物を食べても味は変わらず!

 

定期購入などの縛りも無く、月々3980円で使える口臭予防、虫歯予防、汚れ落とし効果はコスパ最強!

 

 

結婚することになり、結婚式で白いドレスを着るのに歯が黄ばんでいると恥ずかしいので、こういうホワイトニング商品を探していました。

 

まずは自宅で試してみて、駄目なら歯科医院のホワイトニングかと思っていましたが、2週間ほどで効果を実感!

 

結婚式は2か月後だったのですが、2か月もあれば十分に納得いくくらいに白くなっていて、しっかりとキープしています。

 

歯科医院のホワイトニングも維持するのが大変みたいですが、結構式以来はずっと白いままです。

 

最初からリリーホワイトを使えてラッキーでした!

 

27歳 主婦


 

評価 歯の汚れを取る,歯磨き粉
ホワイトニング成分 ポリリン酸ナトリウム
その他の補助成分 イソプロピルメチルフェノール、ビタミンE酢酸エステル、グリチルリチン酸ジカリウム
定価 5980円(税別)
お試し価格 3980円(税別)
定期購入価格 3980円(税別)
継続条件 1回目から解約可能(縛りなし)
1回当たり価格 115円(2箱31回使用の場合)

 

LillyWhite(リリーホワイト)公式

 

歯の汚れを取る,歯磨き粉

↑詳細とお申し込みはこちら↑

 

 

 

 

 

 

歯の汚れを取る,歯磨き粉

 

レディホワイトの特徴

 

★ポリアスパラギン酸の効果で歯の汚れ、黄ばみを除去!
★漂白剤や研磨剤は不使用なので歯茎にも歯にも優しい!
★アップルミント味で爽快感と使用感は抜群!
★一日当たりの価格は高いが容量が多く一日2回使える!
★初月2750円送料無料!

 

歯の汚れを取る,歯磨き粉
汚れが気になり、歯磨きを頻繁にする方にはおすすめ!

 

歯の汚れ落とし、口臭予防効果を得るにはこまめな歯磨きも重要です!

 

研磨剤不使用なのに歯の表面がツルツルになる爽快感は口コミでも人気の秘密!

 

内容量も多く、ホワイトニング歯磨き粉は高いという方には一回当たりのコスパでは最強!

 

 

職業柄人と話をする機会が多いのですが、歯の黄ばみと口臭が気になっていました。

 

このレディホワイトなら口臭も予防できると友人のお勧めで使い始めました。

 

白くなる効果自体すぐに実感できませんでしたが、口臭や翌朝のネバネバ感はすぐに実感できました。

 

アップルミントのさわやかな感じも良いですね。

 

肝心のホワイトニング効果は、1か月ほど経ってから感じてきました!

 

紹介してくれた友人にも『白くなってきたね!』と言われて、鏡で見ても人相が良くなったかな?って感じています。

 

レディホワイトのおかげで笑顔で仕事が出来ます!

 

29歳 スポーツインストラクター


 

評価 歯の汚れを取る,歯磨き粉
ホワイトニング成分 ポリアスパラギン酸ナトリウム
その他の補助成分 アスコルビン酸、アラントイン、イソプロピルメチルフェノール、キシリトール、GTO
定価 5500円(税別)
お試し価格 初回初回50%オフの2750円(送料無料)
定期購入価格 5500円(税別・送料無料)
継続条件 初回を含む3回継続必要
1日当たり価格 152円税別(3か月90日分継続の場合)

 

レディホワイト公式サイト

 

歯の汚れを取る,歯磨き粉

↑詳細とお申し込みはこちら↑

 

歯の汚れを取るならどんな歯磨き粉が良いの?

 

歯の汚れを取る,歯磨き粉

まずは歯の汚れを落とすというと”研磨剤入り”の歯磨き粉を想像すると思いますが、研磨剤入りの歯磨き粉はあまりお勧めできません。

 

研磨剤入りの歯磨き粉は、歯の表面を傷つけてしまうので、傷ついた歯の表面に更に汚れが付着しやすくなってしまいます。

 

黄ばみの原因や、ステインの沈着の原因になってしまいます。

 

研磨剤入りの歯磨き粉は1週間に一回、月に一回などの大掃除として使うような場合には有効ですが、毎日朝昼晩と磨く方にはお勧めできるものでは無いんです。

 

そこでこのランキングでは汚れを落とす能力が強力なもので、研磨剤の入っていない歯磨き粉をを比較してみました。

 

  • ステインやヤニ汚れ除去能力の高さ
  • 研磨剤・発泡剤などの添加物
  • 口臭予防・虫歯予防成分が入っているか
  • 使用感・あと味など
  • 1回あたりの価格

 

ランキングを参考にご自分に合った汚れ落としに有効な歯磨き粉を見つけてみてくださいね。

歯磨き粉で歯の汚れを取るには何が良いの?

結論から言うと、歯磨き粉で歯の汚れを落とすにはこまめな歯磨きも重要です。

 

しかし、研磨剤などの添加物が入っている歯磨き粉を使ってこまめな歯磨きというと、エナメル質に傷をつけてしまい歯の表面をザラザラにしてしまいます。

 

更に汚れが付きやすくなってしまう状況を自ら作ることになってしまう可能性が高いです。

 

歯の汚れを落とすのに研磨剤は要らない

歯の汚れを取る,歯磨き粉

そして実際に歯の汚れを落とすのに研磨剤は要らないという事です。

 

歯科医のクリーニングなどは研磨剤が入っているクリーニング剤を使用しているのですが、それは色素の沈着などの問題よりも歯石という固まったものを落とすためです。

 

歯科医の歯石取りなどのクリーニングは3か月に一回なので問題ないですが、これを毎日続けていると、歯垢が溜まって虫歯になりやすくなったり、ステインやヤニなどの汚れが沈着してしまう原因にもなりかねません。

 

実際に上記のランキングの商品を使用している方の口コミをみても、研磨剤は入っていないのに、

 

  • 歯がつるつるになった!
  • 徐々に歯が白くなっていく
  • 口臭が気にならなくなった

 

という声が多くあります。

 

汚れ落としとホワイトニングは並行して出来る

歯の汚れを取る,歯磨き粉

そこでランキングでお勧めしているホワイトニング歯磨き粉は、汚れを落としながら歯の表面を保護して、虫歯菌をやっつける働きがあります。

 

口臭予防にもなり、最終的には歯がツルツルのピカピカになるという事なんです。

 

汚れ落としの効果も高いうえに、ホワイトニング効果も高いというのがホワイトニング歯磨き粉をお勧めする理由でもあります。

 

歯の汚れを取るためには、ホワイトニング歯磨き粉を使ってみてくださいね。

 

綺麗な歯になると見た目も変わって自信がついてくると思います。

 

 

歯の汚れを取る歯磨き粉の正しい選び方は?

 

研磨剤は逆効果になりやすい!

 

歯の汚れを取ることと口臭予防効果も高いホワイトニング歯磨き粉を使う事!

 

>>歯の汚れを取るのにおすすめの歯磨き粉ラキング<<

歯の汚れを取るには?

歯の汚れを取る,歯磨き粉

歯の汚れを取るには、その汚れ自体の性質にもよって対処の仕方は変わってきます。

 

  • 加齢による自然な黄ばみ
  • タバコやコーヒーなどのステイン着色
  • 磨き残しが原因の歯石など
  • 虫歯による黒ずみ

 

上記の項目別に説明していきたいと思います。

 

加齢による自然な黄ばみを除去したい場合

歯の汚れを取る,歯磨き粉

この加齢による黄ばみは、ホワイトニングで歯を白くする必要があります。

 

特に歯の白さで顔の印象が変わって、歯が黄ばんでいると老けて見えます。

 

歯の黄ばみを気にして人前で笑わないという手もありますが、それ自体も愛想の悪い方だと印象を悪くしてしまいます。

 

加齢による歯の黄ばみは、歯の芯にある象牙質という部分が透けて見えてしまう事が原因の多くを占めています。

 

その場合は、歯のエナメル質が透明化してきて奥の黄ばんだ象牙質が表に見えてくることが原因です。

 

加齢による黄ばみの除去は歯科医院のホワイトニングが早くて効果が高いですが、コストも高いです。

 

そこでおすすめなのはホワイトニング歯磨き粉です。

 

これならコストを掛けずにコツコツと自宅で出来るので、だれでも簡単に歯を白くすることが出来ますし、コストも最小限で済みます。

 

 

歯の汚れにはどんな種類が有るの?

歯の汚れを落とすといっても、まずは歯の汚れの種類を知って、歯の汚れの種類に対して適切なケアをすることが大事です。

 

歯の汚れとはどんな種類が有るのでしょうか?

 

歯の汚れの種類とは?

歯の汚れを取る,歯磨き粉

歯の汚れには食べ物のカスのほか、コーヒーや紅茶などを飲むことによる着色汚れのステインや、歯垢や歯石などがあります。

 

汚れの種類別に説明してきましょう。

 

食べ物のかす

食べ物を食べた際に歯の隙間や表面に付着するカスです。

 

意外と歯みがきをしていても残るもので、特に歯と歯の間に残りやすいので、しっかりとしたブラッシング歯間フロスなどの歯の間をきれいにする道具を使うときれいになります。

 

それでも落とし切れない汚れもありますが、基本的には丁寧に掃除をしておけばそれほど問題にはならないでしょう。

 

少しずつは溜まってしまうこういったカスから虫歯になる原因にもなります。

 

着色汚れのステイン

意外とこれがやっかいだったりします。

 

コーヒーや紅茶等色の濃い飲み物や、食べ物を口に入れることで発生します。

 

この着色ステインが気になるからといって研磨剤の入った歯磨き粉でゴシゴシ磨いても逆効果だったりまします。

 

着色汚れは歯の表面のペリクルという成分に着色してしまうのですが、そのペリクルという歯を覆っている成分を傷つけることでその傷の中に着色汚れが浸透してしまうことで発生することがほとんどです。

 

ホワイトニング歯磨きジェルなどで歯を磨くことで、歯の表面を傷つけることなくステイン汚れを除去できる(予防できる)と言われています。

 

歯垢

歯の汚れを取る,歯磨き粉

これはほとんどが食べ物のカスから出来るものです。

 

食べ物のカスをエサとして、口内細菌が固まり出来るものなので、ある程度は歯磨きやフロスで解決します。

 

物理的にそぎ落とさないと落ちないので、うがいなどをしても取り切れません。

 

やはりしっかりとしたブラッシングが必要です。

 

しかしあまり強い研磨力のある歯磨き粉で磨かなくても、ブラッシングだけでも十分落ちる程度のものなので、普段からのブラッシングや歯間フロスなどでケアしておきましょう。

歯石

これは先ほどの歯垢がカルシウムなどと結合して固まって石のようになったものです。

 

歯石はブラッシングや歯間ブラシなどでも落ちないために、歯科医のクリーニングでスケーリングという機械を使って取り除いていきます。

 

定期的に歯科医で行う事で歯石の塊も防げますし、この歯石が原因で虫歯になることも防げるので衛生的にも定期的にクリーニングしてもらいましょう。

 

歯科医のクリーニングでは歯の間に着いたステイン汚れなども取り除けるので便利です。

 

研磨剤の入っていない歯磨きジェルのランキングはコチラ<<